[経理・財務] 税務 消費税申告業務

  • プレミアム・単品

「経理・財務」実務講座 実践編 消費税申告業務 簡易課税方式による消費税申告書の書き方(前編)

【標準学習時間】 約24分42秒
講座内容
簡易課税方式による消費税の申告書について、
どのようなルールで申告書に記載をすればよいか、理解していますか?
本講座では、簡易課税方式を使った申告書の書き方を理解する前に必要となる、税額が算定されるまでを学びます。
受講対象者
新人経理パーソン
日常の経理業務を見直したい方
他社の経理部員の考え方を知りたい方
この講座についてのお問い合わせ
FAX、eメールでのご質問を承っております。ご質問の際には、
・件名:「講座名をご入力ください」についてのご質問
・本文:お名前、メールアドレス、お電話番号、ご質問内容
を明記の上、下記までお問合せください。
連絡先
ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
E-mail: library@jusnet.co.jp
FAX: 03-3239-7350

講師プロフィール

税理士 金田一好子
辻会計事務所(現・辻本郷税理士法人)等で実務経験を積み、現在は独立開業中。
一般的な税理士業務にとどまらず、自身が武器としてきた資格の取得の為の講義を中心に、「全てのビジネスパーソンに会計共通言語を定着」させるべく精力的に講師活動を行っている。

エージェント登録された場合は無料

【プレミアムプラン】

980 円(税込)

【単品】 「経理・財務」実務講座 実践編 消費税申告業務 簡易課税方式による申告書の書き方(前編)
(視聴期限 2017年11月20日 まで)

540 円(税込)
購入する

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 投稿日:2016/03/03 投稿者:まるやま 
    おすすめレベル:★★★★★

    勉強になりました!

    消費税の申告は税理士に依頼し、またその対応も上司にお願いをしています。今後申告書を自分で1から作成するということはないと思いますが、依頼をしている税理士の対応を任されたときに、税理士はどのような数字を求めているのか、何が必要になるのかなど申告書作成に必要な基本的な知識を説明していたので、申告書を作成したことがなくても、理解することができました。新人さんである程度経理として月次決算に携わっている人が、何を目的に・どのようなことを気を付けながら月次を締めていかなければいけないかというゴールがわかるので、そういう人におすすめです。約25分ありますが、わかりやすかったためあっという間でした。

コンテンツ検索

講座カテゴリ

検索する ≫