[キャリア] 公認会計士 藤沼塾

  • 単品

第一期 第2回「藤沼塾」会計士の役割

【標準学習時間】 約01時間45分22秒
講座内容
会計業界のエリート養成を目的とした「藤沼塾」。

第一期は「会計専門職を取り巻く環境の認識と将来の発展に向けた取り組み」を共通のテーマとし、会計、監査、税務、経営、証券、リスクマネジメント等の分野で活躍されている、その道の第一人者を講師に招き、2016年10月から全6回のスケジュールで開講しています。

本動画は「会計士の役割」をテーマにした第2回目の講座を収録。KKRジャパン会長 株式会社日本取引所グループ 元CEO 斉藤 惇氏の基調講演とコーディネーターである青山学院大学院 会計プロフェッション研究科 教授・博士八田 進二氏による受講生との熱のこもったディスカッションの模様を全て納めています。

「藤沼塾」についてはこちら
※ジャスネットキャリア内のページに移動します

受講対象者
これから公認会計士を目指す方
公認会計士の方
この講座についてのお問い合わせ
FAX、eメールでのご質問を承っております。ご質問の際には、
・件名:「講座名をご入力ください」についてのご質問
・本文:お名前、メールアドレス、お電話番号、ご質問内容
を明記の上、下記までお問合せください。
連絡先
ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
E-mail: library@jusnet.co.jp
FAX: 03-3239-7350

講師プロフィール

【講師】
KKRジャパン会長 株式会社日本取引所グループ 元CEO 斉藤 惇
1963年、慶應義塾大学商学部卒業。野村證券株式会社副社長、住友ライフ・インベストメント株式会社最高経営責任者、株式会社産業再生機構社長、株式会社東京証券取引所代表取締役社長、株式会社日本取引所グループ取締役兼代表執行役グループCEOなどを歴任。2015年、米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)日本法人会長に就任。16年、旭日大綬章を受章。
【塾長】
IFAC・JICPA元会長 藤沼 亜起
1944年生まれ。中央大学商学部卒。1974年公認会計士登録。1970年アーサーヤング会計事務所に入所後、監査法人朝日神話会計社代表社員、太田昭和監査法人(現新日本監査法人)代表社員を務め、2000年から2年半、国際会計士連盟(IFAC)会長、2004年から3年間、日本公認会計士協会会長に就任。2000年よりIFAC会長、2008年中央大学大学院戦略経営研究科(中央大学ビジネススクール)にて特任教授に就任。現在、公認会計士協会の相談役、財務会計基準機構評議員ほか、上場会社の社外取締役及び監査役多数。
【コーディネータ】
青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科教授・博士 八田 進二
慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得満期退学。博士(プロフェッショナル会計学・青山学院大学)。2005年より現職。現在、金融庁企業会計審議会委員、金融庁「会計監査の在り方に関する懇談会」及び「監査法人のガバナンス・コードに関する有識者検討会」のメンバーを兼務し、職業倫理、内部統制、ガバナンスなどの研究分野で活躍。

第一期 第2回「藤沼塾」会計士の役割
(視聴期限 2017年10月25日 まで)

3,000 円(税込)
購入する

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

コンテンツ検索

講座カテゴリ

検索する ≫