[経理・財務] 税務 法人税申告業務

  • プレミアム・単品

「経理・財務」実務講座 実践編 法人税申告業務 交際費の損金算入に関する明細書の計算例と書き方

【標準学習時間】 約26分54秒
講座内容
交際費について税務上損金とは認められない部分がありますが、現行制度上はどのような計算システムとなっているかを理解できていますか?税制改正は毎年行われていますが、中でも「時限立法(期間限定の法律)」は入れ換わりや改廃が激しく注意が必要な論点です。
本講座では、経理部員がマスターしておくべき法人税の計算の全体的な大きな構造と、申告書に書かれる結論の数字の拾い方、簡単な税務調整事項を記載する別表の読み方、書かれ方について学びます。
受講対象者
新人経理パーソン
日常の経理業務を見直したい方
他社の経理部員の考え方を知りたい方
この講座についてのお問い合わせ
FAX、eメールでのご質問を承っております。ご質問の際には、
・件名:「講座名をご入力ください」についてのご質問
・本文:お名前、メールアドレス、お電話番号、ご質問内容
を明記の上、下記までお問合せください。
連絡先
ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
E-mail: library@jusnet.co.jp
FAX: 03-3239-7350

講師プロフィール

税理士 金田一好子
辻会計事務所(現・辻本郷税理士法人)等で実務経験を積み、現在は独立開業中。
一般的な税理士業務にとどまらず、自身が武器としてきた資格の取得の為の講義を中心に、「全てのビジネスパーソンに会計共通言語を定着」させるべく精力的に講師活動を行っている。

エージェント登録された場合は無料

【プレミアムプラン】

980 円(税込)

【単品】 「経理・財務」実務講座 実践編 法人税申告業務 交際費の損金算入に関する明細書の計算例
(視聴期限 2018年02月20日 まで)

540 円(税込)
購入する

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

コンテンツ検索

講座カテゴリ

検索する ≫