[経理・財務] 決算 ディスクロージャー

  • プレミアム・単品

「経理・財務」実務講座 実践編 ディスクロージャー 「投資者保護」の意味とは 

【標準学習時間】 約04分08秒
講座内容
企業は、株主や投資家、取引先に対し企業活動の結果を「投資者保護」の観点から広く一般的に開示をしますが、投資判断に十分な情報の開示をするためには、「適正性」「適時性」「公平性」の3原則を満たすことが必要とされます。
本講座では、投資者保護の観点からこれら3つの意味、原則を担保するためにどのような制度が導入されているかについて解説します。
受講対象者
新人経理パーソン
日常の経理業務を見直したい方
他社の経理部員の考え方を知りたい方
この講座についてのお問い合わせ
FAX、eメールでのご質問を承っております。ご質問の際には、
・件名:「講座名をご入力ください」についてのご質問
・本文:お名前、メールアドレス、お電話番号、ご質問内容
を明記の上、下記までお問合せください。
連絡先
ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
E-mail: library@jusnet.co.jp
FAX: 03-3239-7350

講師プロフィール

公認会計士・税理士 児玉 厚
株式会社スリー・シー・コンサルティング代表取締役。
埼玉大学経済学部卒業後、神鋼商事株式会社財務部経理課、東陽監査法人を経て、株式会社スリー・シー・コンサルティング設立。
2000年より、法定開示書類自動作成 システム開発・販売。現在宝印刷グループ会社として同社のX-Smart.Advance共同開発。

【主な著書(共著含む)】
『予算会計』『企業予算編成マニュアル』 『有価証券報告書完全作成ガイド』 『開示決算ガイドブック』等(以上、清文社)

エージェント登録された場合は無料

【プレミアムプラン】

980 円(税込)

【単品】「経理・財務」実務講座 実践編 ディスクロージャー 「投資者保護」の意味とは  
(視聴期限 2017年12月21日 まで)

540 円(税込)
購入する

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

コンテンツ検索

講座カテゴリ

検索する ≫